北九州近郊・中間市で歯科、入れ歯なら『はたぶ歯科医院』

はたぶ歯科医院のBlog

2019年06月08日

歯周病に光殺菌治療

北九州市・中間市で入れ歯に力を入れているはたぶ歯科です。

光殺菌治療(PDT:光線力学療法)とは?                                  

光殺菌(PDT)による薬を使わない歯周病殺菌システムです。

メチレンブルーを主成分としたバイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。治療部位にこのバイオジェル光感受性物質を注入後、直ちにレーザー光を20秒間照射します。

光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させることができます。この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。

光殺菌治療は医科の早期ガンの治療などで行われ、安全性の高い治療法です。インプラント周囲炎に対しても効果的で現在世界が注目している最先端の光殺菌技術です。

従来、歯周病菌に対する処置法は抗生物質の投与が一般的でした。

PDT治療の特徴は薬を一切使用しません。全く痛みが伴わず、手軽に何回でも処置できることです。

当院では光殺菌治療に「PACT」システムを使用しています。

お気軽にご相談ください。

 

Copyright(C)2008 hatabu.jp. All right reserved.