北九州近郊・中間市で歯科、入れ歯なら『はたぶ歯科医院』

投稿者「admin」のアーカイブ

2019年05月14日

右上一番奥の欠損

北九州市・中間市で入れ歯に力を入れているはたぶ歯科です。

ミラクル義歯の症例です。保険の義歯では成功しにくい症例です。

装着感がよく、ほとんどの食べ物を噛めます。(おかき、ごぼう、こんにゃく、たこ、するめ等々)

ミラクルでは義歯の装置がかかる歯そのものに、余計な力が加わらない仕組みになっています。そのためその装置がかかる歯とミラクルが一体化し、固定・保護されて安定感が生まれるので苦痛がなく残存歯の延命も期待できます。

歯の喪失でインプラントをと考えていた患者さんもミラクルへの志向が増えています。

 

2019年04月01日

ミラクル症例 1歯欠損

北九州市・中間市で入れ歯に力を入れているはたぶ歯科です。

ミラクルフィット(内面に金属の補強があるもの)右下6が1本無い場合の入れ歯です。

残っている歯と一体化するので何でも良く噛めます。入れ歯と歯茎の間に食べ物が入りにくい設計で、ゴマのような小さなものも挟まらないので気持ちよく装着できます。

入れ歯が初めての方も安心してほとんど抵抗なく入れることができます。

2019年03月04日

ミラクル症例 上顎の義歯

当院では、お試しの入れ歯をはめていただき治療用義歯として経過をみたあとに本義歯を作製してまいります。

はじめは入れ歯に慣れるまで発音もうまくできなかったり、違和感もありますが、微調整を繰り返し、しだいに

お口になじんでまいります。こちらの患者様も人前にでてお話することが多いことから発音のことを気にされていましたが1~2ヶ月でほとんどきにならなくなったと言われました。

患者様の希望で、本義歯はより装着感の良い薄くつくれる金属床にしました。

大変快適にお使いいただいています。

Copyright(C)2008 hatabu.jp. All right reserved.